愛の電池

 自分の中の電池を切らさないようにするには、日々の生活の中でちょっとした工夫を施すことが推奨されます。例えばアルバムを見返してみるのはどうでしょうか。アルバムの中には、あなたに関心を寄せた人、気遣ってくれた人が大勢写っているはずです。それらの写真を見るだけで、自分にどれほどの愛情が注がれたのかを、深く認識することが出来るでしょう。もちろんいつも苦楽を共にしたわけではないでしょうが、思い出が共有されているものです。思い切って連絡を取ってみたりして、久闊を叙するのも悪くないでしょう。仲が良ければ食事をするのも有効だと思われます。
 こうして電池を充電することが出来れば、無理をすることなく精神的な疲れが取れてきます。それはエネルギーの補給を意味するものですから、睡眠をしっかりとることが出来るようになり、延いては目覚めが爽やかなものになるのです。ただ中にはアルバムが無かったり、自分に関心を寄せてくれた人と連絡を取るのが難しかったりする人も居るでしょう。恋人でなくても良いのですが、家族と離れ離れになっている人も居るはずです。そうした方は、きっと情熱が欠けていて、疲れていることでしょう。自己中心的な振る舞いが目立つようになり、周囲の人に嫌われているかもしれません。それは悪循環を生んでしまいます。ですから機会を捉えてそうした循環を断ち切らなければなりません。一番大事なのは、他人を自分以上に考える時間を増やすことです。疲れていれば難しい振る舞いなのですが、それを実践する必要があります。急ぐ必要はありません。ゆっくりで構いませんから、他人の顔を思い浮かべるようにしましょう。

Post Your Comment Here

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です