レイキとセルフヒーリング

セルフヒーリングの中でも、レイキを使ったものも多く取り入れられています。漢字で「霊気」と書くためにレイキとされており、宇宙から降り注いでいるエネルギーと考えられています。このエネルギーを手のひらから放つことで、不調を治すとされているそうです。好転反応は別として、副作用のない代替の治療法として行われています。レイキは、人が作り出すものではなく、自然から受け取るエネルギーです。借りたエネルギーを使用するので、あるコツさえ掴めば、才能は関係なく誰にでも使用することが可能と言われています。例えば腹痛がある時、人は自然と腹部に手を宛がいますし、頭痛があれば頭に触れています。レイキという存在を知らなくても、人が自然と行う動作と言えるでしょう。
セリフヒーリングの基本的な方法は、痛みや不調を感じる身体の部分に手のひらを当てることです。この時、リラックスしている必要がありますので、読書など自分の好きなことをしていても問題ありません。緊張せずにエネルギーを流すことで、癒しの効果に繋がってくるそうです。これは自分以外の人やペット、植物などにも行うことが可能とされているそうです。ヒーリングを続けていると、好転反応が起こり、一時的に体調が悪くなってしまうことがあるそうです。これは浄化をしている経過で、悪いものが外に出ているから起こる反応と考えられています。あくまで一時的なものなので、心配は要らないそうです。
レイキはあくまでも、自己治癒力を高める療法のひとつです。体に不調を感じたら、セルフヒーリングを行う前に、まずは医療機関での受診が必要です。その上で、補助的なヒーリングとして使えば効果的と言えるでしょう。

Post Your Comment Here

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です