ヒーリングとの違い

 過去に流行ったものの中に、ヒーリングや占いがあります。もちろん今でも細々と続いていますが、これらはスピリチュアルとは根本的に異なるものです。一番大きな相違点は、スピリチュアルは一切指図しないという点です。裏を返せば、占いやヒーリングは一方的に生き方をアドバイスするサービスであり、それはハイアーセルフを顕現させることとはまるで違います。自己探求とは、正しくハイアーセルフに辿り着くことであり、それは自分自身が歩み入れることで実現します。誰かが手を引っ張って招き入れるわけではありません。もちろんコーチングにはカウンセリング、セラピーの要素もありますが、最終目的は指導することではなく、きっかけになることです。偉そうに指導した瞬間、クライアントの力は失われてしまいます。スピリチュアルの実践において大切なのは、相手の力を奪おうとしないことです。そのような野暮な真似をしなくとも、自分の内側から永遠のエネルギーを生み出すことは可能なのです。しかもそのエネルギーは安定的に放出され、幸福へと誘ってくれます。
 人間の生誕には必ず意味があります。つまり生きることには目的が付随しています。前の世界で選んだからこそ、今のあなた、今の環境があるのです。その目的が何であるのかはすぐに見えてきませんが、自分の人生に責任を持つことで、人は生まれ変わります。無闇に他人のせいにしたりしなくなります。この状態が真の自由なのです。環境や周りの人のせいにしていた頃の自分を思い返してください。幸福でしたか?問題は解決しましたか?解決するはずがありません。自分で自分の自由を放棄していたのですから。たとえ誰かが謝罪してくれたとしても、真の自由を手に入れられることは絶対にありません。

Post Your Comment Here

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です