占い師に敬意を持ちましょう

スピリチュアルコーチングを、初めて受けるような人は、霊能力者や占い師の言うことがどれくらい当たるかに、疑問を持つ人がいるでしょう。アドバイスを信用していいのかも、悩むところだと思います。

霊能力者や占い師で、人の過去を当てることができる人は多いと聞きます。他人には一切話していなかったことなども、言い当てる霊能力者や占い師はいます。ですが、これには特徴があって、過去や現在は当たるのですが、未来は外しやすいと聞きます。

スピリチュアルな世界では、過去・現在・未来という時間は、同時に存在していると言います。なので、未来だけ当てられないというのは、一見、矛盾しているようにも思えます。ただ、未来は現在の選択で変わってきます。同時に存在しているとしても、未来の出来事のパターンは何個かあって、現在の時点では決定していないとも言えるでしょう。

仮に、クライアントが結婚を決意していて、占い師の元に相談に来たとします。そこで、「その結婚をすれば、不幸になりますよ」と言われて、その結婚を止めれば、未来のパターンは変わります。結婚をして不幸になるという出来事が消えるのです。

ですから、もし、占い師の読みが外れても、「この間の結果は外れました」などと、文句を言ってはいけません。スピリチュアルコーチングを受けるに当たって、守るべきルールというものもあるのです。

文句を言われれば、霊能力者や占い師も、一人の人間ですから、カチンとくることもあるでしょう。いざという時に、門前払いをされないためにも、マナーは守りましょう。外れても当然くらいに、構えていればいいのです。

また、くれぐれも占い師の力量を試そうなどと、思わないようにしましょう。質問をされているのに、わざと正しい答えを言わないのも、重大なマナー違反です。占い師も全部が見えているわけではないのですから、確認のために、質問はします。嘘をついたり、誤魔化したりすれば、占い師に見えているものと、現実との間にギャップができてしまいます。結果的に、占い師が正しい鑑定結果を出せなくなれば、損をするのはクライアントです。

Post Your Comment Here

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です