動機の重要性

転職をしたいと考えている方はもう一度自分のその会社での働きを振り返ってみましょう。あなたはその会社で全力を出し切れたでしょうか。全力を出し切れたのなら、今の会社を卒業し次の会社へと移ることは正しい選択かもしれません。今の会社を卒業し新しいものにチャレンジしてみるのもいいでしょう。しかし、全力を出し切れなかったという方はその転職を、もう一度見直してみてください。転職の理由はポジティブでなければなりません。「やりたいことがある」「挑戦したいことがある」こんな転職はうまくいく可能性が非常に高いです。今の会社でやれるだけのことはやり、次にやってみたいことが出てきたら、それは転職のチャンスかもしれません。逆にネガティブな動機から転職しても同じことが繰り返されるかもしれません。諦めや逃げによる転職は良い結果をもたらさないでしょう。これは転職に限った話ではありません。何を始めるにもポジティブな動機とネガティブな動機とでは結果は異なってくるのです。